Days 6 | ktzchq | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Days 6

返信

少女には”かなしみ”というものが見えないのだった。

そのことは少女を怯えさせた。

どうして泣いているの?

かの女のことをわかってあげたい、と思った。

けれどもかの女は塩辛い雨を流すばかりだし、何より少女は”かなしみ”というものを知ることができなかった。

 ――私が天使だったらよかったのに。そうしたら白くて強くて優しい翼で、まもってあげられるのに。

そんなことを空想しながら、少女はずっとかの女の側にすわって、やさしくその髪を撫でてやるのだった。

投稿者 ktzchq | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.